Moongoose – Ukrainian Fashion Brand

MOONGOOSE は、“The First Kiev Down Products Factory” を基盤として、2017 年に設立された。この工場が始まったのは 1946 年。
そして、1991 年にウクライナがソ連から独立した後の 1995 年以降は、ファミリービジネスの形式へと引き継がれた。 現在、このダウン工場は、ダウンの生産における主要なシェアを有しており、ヨーロッパ、アメリカ、日本における原材料の最大のサプライヤーでもある。 過去には伊藤忠商事株式会社、河田フェザー株式会社、Sanders GmbH、Peter Kohl KG など大手との取引の経験もある。

2007 年以降、この工場は Montie luxury outerwear というブランド名のもと、ダウンジャケットを生産してきた。自社製品のほか、他のウクライナブランドの外注 も請け負って来た。生産は河田和成 (日本工場オーナー)のマネージメントのもと行われ、大手のプーマやアディダスのダウンジャケットの生産を行った。
2017 年に、新たなヤングチームが、MOONGOOSE outerwear としてブランドの設立を行った。
MOONGOOSE は、FW18 のコレクションとして女性 5 モデルのダウンジャケットのコレクションを発表した。

MOONGOOSE のダウンは、フィルパワー700 の高品質なホワイトグースを使用している。それによって、非常に軽く、耐霜性があり、ドライクリーニングやプレス のあとでもボリュームをキープする力に優れている。そして、イタリアの家具にも使用されているダウンプルーフを使用している。
現在、MOONGOOSE はウクライナで唯一のダウンジャケットのブランドであり、生産をすべて自社で行っている。自社の施設でダウンを生産し、開発し、縫製の 作業場を稼働している。これによって、MOONGOOSE は最高品質の商品を低価格で提供することができる。

すべての MOONGOOSE は最高品質のダウンを使用して生産されており、ウクライナ市場で他の類似物もない。